NEWS Archives (2010.09)

9.28 マイケル・ジャクソンのニューアルバムは「年末」

Friedman: Michael Jackson New Album: “Before End of Year”

Roger Friedman posted the following article this morning in his column, Showbiz411:

An album of new Michael Jackson recordings–songs left behind and remixed since his death–is on its way.

The question, though, is when?

A Sony source confirmed for me that the album will arrive before Christmas. So far, the date can’t be set because the work isn’t finished.

In the end, four of what might be 12 tracks will be derived from sessions Michael did with Eddie Cascio in his suburban New Jersey studio three years ago. At least one of those tracks was originally co written and produced by Eddie’s brother Frank Cascio for an R&B singer named Bobby Ewing.

Some of the other tracks will be outtakes from Jackson albums, a Paul Anka song called “Love Never Felt So Good” from the session that produced the title track for “This Is It.”

Jackson co-executor John McClain is in charge of the project. Sources say that McClain’s been relying heavily on Michael’s brother, Jackie, for help since he’s not, technically, a music producer. Rodney Jerkins and Akon are also working on tracks. It’s unclear whether so many producers can affect a consistent sound.

Last week, Sony chief Rob Stringer went out to Los Angeles, I am told, to supervise and give comments on the progress of the album. After all it’s part of his $200 million deal with the Jackson estate. Sony wants the album to be a huge smash.

The Jackson estate, by the way, is working on several more projects including a documentary or reality show about the putting together of the new live Cirque du Soleil project.


Source: MJFC / Showbiz411.com

(要旨)ロジャー・フリードマンがコラムShowbiz411に下記記事を寄稿している。

マイケル・ジャクソンの新録音・・・死去により残され、リミックスされた曲・・・のレコーディングが現在進行中。

だがいつ?

ソニーの関係者が、アルバムはクリスマス前に出来上がると私に確約した。今のところ、日付は決定できてない。作業が完了していないからだ。

結局、恐らく12曲になるであろう内の4曲は、エディ・カシオと3年前に彼のニュージャージー郊外のスタジオで行ったセッションからのものとなるだろう。そのうちの少なくとも1曲は、元々R&Bシンガー、ボビー・ユーイングのためにエディの兄フランク・カシオと共同で書いてプロデュースしたものだ。

他の曲は、ジャクソンの既発アルバムからのアウトテイクや「This Is It」を録音したセッションからのポール・アンカの曲「Love Never Felt So Good」となるだろう。

ジャクソンの共同執行人ジョン・マクレーンがこのプロジェクトにあたっている。複数の情報源によると、マクレーンはマイケルの兄ジャッキーにかなり頼っているという。彼は技術的には音楽プロデューサーではないからだ。ロドニー・ジャーキンスやエイコンも作業にあたっている。プロデューサーが多すぎてサウンドの一貫性に影響するのではないかという点については不明である。

先週、ソニーのトップ、ロブ・ストリンガーがロサンゼルスを訪問し、アルバム製作の進捗状況を視察し感想を述べたと、私は聞いている。やはりこれは、エステートとの2億ドル契約の一部なのである。ソニーはこのアルバムの大ヒットを願っている。

ところでエステートはその他のプロジェクトに取り組んでいる。シルク・ドゥ・ソレイユ・プロジェクトの製作に関するドキュメンタリーもしくはリアリティー・ショーもその一つである。

YOU ROCK MY WORLDよりの転載

9.21 最新ギネスブックにマイケルが掲載

Lady Gaga, Jay-Z, Michael Jackson make 'Guinness World Records 2011'


Lady Gaga, Jay-Z, Beyoncé, Michael Jackson, and Miley Cyrus are among the musical performers to earn a spot in the 2011 edition of Guinness World Records, out worldwide on September 16.
Lady Gaga earns two records in the new book, which is based on records broken within the 2009 calendar year. The pop star takes the post for "Most Searched-For Female" as recorded by Google, a record held by Sarah Palin in the 2010 edition, and replaces Oasis's 1996 record for "Most Weeks On UK Chart In Any Year," with her music spending a total of 154 weeks on the chart.

Shawn "Jay-Z" Carter and Beyoncé Knowles earned the title for the year's biggest "Power Couple," having earned a collective record-breaking $122 million through June 2009.

Teen pop singer Miley Cyrus enters the book as the "Most Charted Teenager" following her 29th US Billboard Hot 100 chart entry on November 7, 2009 with "Party in the USA."

Michael Jackson became the year's "Most Searched-For Male" after fans took to the internet following his death in 2009. A page in the new edition is devoted to the pop star, who reportedly received eight records over his lifetime for chart achievements, album sales, earnings, and charity donations.

First published in 1955, the Guinness World Records book is published in more than 100 countries and 25 languages and is a regular best-seller, with more than 3 million copies sold annually across the globe.

Source: MJWN

マイケルは今でもKing Of Popです。 死んだ後にさえ、彼は、彼のバックカタログから何百万枚ものアルバムを販売しました。
さて、最新の報告によると、マイケルは最もオンラインで検索された男性であると「ギネス世界記録2011」に掲載されています。
また、2011ギネスBook Of World Recordsの1ページを全てキング・オブ・ポップに充てたページが彼にささげられているそうです。

マイケルジャクソンは、一生のうちにヒットチャートのランキング数、アルバム販売、収益、および慈善寄付金などの8つのギネス記録を樹立しました。



9.17 AEG、訴訟について言及する

AEG Speaks Out About Lawsuit

(16-9-2010) AEG is finally speaking out about Katherine Jackson's lawsuit and claiming it had nothing to do with the hiring or supervision of Dr. Conrad Murray.

As reported earlier today by TMZ, in a statement released through AEG's lawyers the company calls Mrs. Jackson's lawsuit "inaccurate, unsubstantiated and meritless."

The statement continues, "Dr. Murray was Mr. Jackson's longtime personal physician. AEG did not choose him, hire him or supervise him. That said, and in honor of our professional relationship with Mr. Jackson and his Estate, we will have no further public statements."

While it is true that Michael Jackson handpicked Dr. Murray, Katherine Jackson is claiming that AEG was negligent because they didn't check Murray's credentials and that they pushed Michael way too hard during rehearsals.

Source: MJFC / TMZ.com

(要旨)AEGはようやくキャサリン・ジャクソンの訴訟について言及し、コンラッド・マーレー医師の雇用や監視については無関係であると主張している。

TMZが今日報じているように、弁護士を通じて発表された声明の中で同社はミセス・ジャクソンの提訴を「正確ではなく、根拠もなく、無益」だと評している。

声明は次のように続く。「マーレー医師は長年に渡るジャクソン氏の専属医です。AEGが彼を選んだのではなく、雇ってもおらず、監督もしていませんでした。ですが、我々とジャクソン氏およびマイケル・ジャクソン・エステートとのプロフェッショナルな関係に敬意を表し、我々はこれ以上公式に声明を発表する予定はありません」。

マイケル・ジャクソンがマーレー医師を自ら選んだことは事実である一方、キャサリン・ジャクソンは、AEGは怠慢であった、なぜなら彼らはマーレーの資質をチェックしなかったからだ、そしてリハーサル中、AEGはマイケルにかなり無理強いをした、と主張している。-

YOU ROCK MY WORLDよりの転載

9.16 キャサリン ジャクソンがAEGを提訴 AEGはマイケルにリハーサルを強要した

Michael Jackson's mom sues production company AEG Live for son's death

Michael Jackson's mother filed a lawsuit Wednesday accusing AEG Live of causing her son's death by pushing him to rehearse for his comeback concerts despite poor health.

ソース:CNN.com

キャサリン ジャクソンは水曜日、AEG liveが息子の健康状態がよくないにもかかわらず、カムバックコンサートのリハーサルを強要し、死なせたとして訴訟を起こしました。

キャサリンは、ロサンゼルス郡上級裁判所に申し立てた訴訟で、コンサートの運営会社は、コンラッド マレー医師を雇い指示したわけだから、マイケルの健康をコントロールしていたと主張しています。

訴訟で、マレーは世界的なコンサートのプロモーションと運営をする会社「AEGに選ばれ、雇用され、コントロールされた」と主張しています。

マイケルは2009年1月、2009年7月に始まるコンサートのためにAEG liveとの契約書にサインしました。

「実際、AEGはマイケル ジャクソンがすべてのリハーサルとツアーのショーを行えるよう、マイケル ジャクソンがこの特別な医師の診療を受けるよう要求し、命令した。」と訴訟で述べています。

訴訟の中で、コンサートの運営会社は、「彼を安全に治療し、危害を加えないようにする」法的責任があったと主張しています。

「AEGは、マイケル ジャクソンの健康状態を知っているにもかかわらず マイケル ジャクソンの健康と安全より ツアーによる多大な利益を求める願望を優先し、それらの義務を履行しなかった。」と述べています。

会社は、マレーに雇用契約書で約束されていた心肺蘇生機器と看護士を与えませんでした。

検死報告書にはマレーが亡くなる前の数日間、マイケルを眠らせるために麻酔剤を投与したロサンゼルスの家の医療機器の不備が記されています。

訴訟でマイケルの生前の最後の週について、概要を説明しています。

その中にはAEGのCEO、ランディ フィリップスが、6月18日にマイケルの家を訪問したことが含まれています。

フィリップスはマイケルがリハーサルに姿を見せなかったため、マイケルとマレーに会いに行ったと書かれています。

「AEGは、もしジャクソンがこれ以上リハーサルをしないのであれば、彼らはショーを「突然中止する」と脅した。」

「AEGは、マレーにジャクソンが必ずリハーサルができるようにしなければならないと告げた。」

「彼らは『それは愛の鞭』だと話し、ジャクソンに『停止命令』を出した」と訴訟で述べています。

マイケルが結局、午後9時30分にリハーサルに現れた時、「彼は明らかに震えていた、」リハーサルの場にいた目撃者はマイケル ジャクソンはその日、体調が悪かったことを裏付けました。

ねこひげエンタメサロンよりの転載

9.12 コンラッド マレー 自動体外式除細動器があればマイケルを救えた

A life-saving heart machine could have saved King of Pop Michael Jackson, the star's doctor has apparently claimed.

Bombshell documents suggest Dr. Conrad Murray, accused of killing Jackson, demanded a defibrilator, which could have saved the singer after his cardiac arrest in June last year.

ソース:indiatimes.com

救命のための心臓用の機器があれば、マイケルを救えたかもしれないとコンラッド マレーは主張したようです。

爆弾文書はコンラッド マレー医師は、心停止を起したマイケルの命を救えたかもしれない自動体外式除細動器を要求していたことを示しています。

マレーはマイケルを助けられたかもしれないが、救命のための機器を拒否されたと主張しているとNews of the Worldが報じています。

コンラッド マレー(57)は、マイケルに過剰に鎮静剤を投与したことに対する過失致死罪から逃れることができると信じています。

「もし、適切な機器があれば、私はマイケルを救えただろう。それを証明する事務書類を持っている。」彼は友人に語りました。

マレーは、コンサートのプロモーターAEGは彼が6週間かけて、eメールで看護士も必要だと懇願したことを無視したと主張しています。

収監されなくても済むかもしれない証拠が明らかにされたのは、ジョー ジャクソン(81)が起こした訴訟によるです。

訴訟で、AEGの責任者は「ジャクソンの命に対し、未必の故意による無視(reckless disregard)」をしたと主張しています。

それは、マレーはロンドンのショーができるように、マイケルに薬物を与えるよう命令されたということと、AEGが蘇生機器と看護士を用意するという約束を守らなかったということを、主張しています。

マレーはどんな悪事も犯していないと主張していますが、来年裁判を受けることになっています。

ねこひげエンタメサロンよりの転載

9.11 DVD「マイケル・ジャクソン IN ソウル・トレイン」発売中止

 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)は9日、発売を延期していたDVD「マイケル・ジャクソン IN ソウル・トレイン」について、発売の中止を決定した。

 発表当初は1月27日の発売が予定されていたが、その後「諸般の事情」で延期されていた。SPEは「関係者間で発売に向けた努力を続けて参りましたが、いまだ先行き不透明な状況を受けて、この度やむなく発売を中止することを決定した」と説明している。

 「マイケル・ジャクソン IN ソウル・トレイン」は、米国の伝説的な音楽ダンス番組「ソウル・トレイン」に出演した際の、マイケルのパフォーマンスをまとめて収録したDVDとしてアナウンスされていた。

AV Watchよりの転載

9.10 MJFC マイケル・トリビュート・ソングを発表

The Michael Jackson Fan Club proudly presents one such artist, Enoch, a very talented singer from Australia. Enoch pays homage to the man who inspired his musical artistry, Michael Jackson, in his new single “The Day You Left: an MJ tribute”, airing first on the Michael Jackson Fan Club website. Please see below for all the details on Enoch, his new single and what’s to come from this promising new talent.

Source: MJFC

ENOCHというアーティストがマイケルトリビュートソング「The Day You Left」を発表したという6月の記事ですから、かなり古いものですが、忘れないように掲載しておきます(^^;

Listen To Enoch's MJ Tribute Single "The Day You Left"

9.08 MJのニューアルバム、発売間近、そしてまだだいぶ先

Friedman: MJ New Album: So Close And Yet, So Far Away
(7-9-2010) Roger Friedman posted the following article this morning in his column, Showbiz411:

An album of Michael Jackson‘s unreleased music is still set for a November release from Sony.

But really, among the insiders, no one knows what’s going to be on it. Or if it will be ready in time. The word is that Sony/Columbia Records chief Rob Stringer recently made a trip west to see what the heck is going on. It’s unclear what he found.

In the Jackson world, things are vaguer than ever on this subject.

My sources say there are different camps working on different tracks, and that at some point someone is going to have to make some decisions. One thing is for certain: no one is talking to Jackson’s long time engineer, Bruce Swedien, the man who actually knows what music is available from all his different sessions.

So producer Rodney Jerkins is working on a few tracks, I am told. Some of them may be from that group of songs Michael recorded with Eddie Cascio in his New Jersey home studio three summers ago.

On the other side, John McClain – Jackson’s co-executor and long time family friend– is said to be working on some songs with Michael’s brother Jackie Jackson. Jackie was recently put on the estate’s payroll as a family liaison. He’s said to be the “most reasonable” of the Jackson brothers, and the one with whom everyone gets along. Akon is also said to be working on one or two tracks.

But McClain is another issue. It was under his aegis that the unearthed song, “This Is It,” was produced and released as part of the movie and soundtrack of the same name. But the song wasn’t a hit. One listen to Paul Anka‘s version of it, live, and you see what could have been. Anka has another unreleased track in the Jackson archives.

But the clock is ticking: two months from a release date, and there’s no concept, title, artwork or marketing plan.

Source: MJFC / Showbiz411.com

(要旨)ロジャー・フリードマンが自身のコラムShowbiz411に下記記事を寄稿している。

マイケル・ジャクソンの未発表曲集アルバムは現時点では11月、ソニーより発売となっている。

しかし実は、内部ではニューアルバムがどうなるか誰も知らない。あるいは、予定通り準備が整うのかどうかも。噂ではこうだ。つまり、ソニー/コロンビア・レコードのチーフ、ロブ・ストリンガーが最近西へと旅に出た。一体何が起きているのかを視察するためだ。彼が何を見たのかははっきりしていない。

ジャクソンの世界では、この問題に関してはかつてないほど曖昧だ。

私の情報源によると、異なる曲に取り組んでいる様々なチームがあり、その上ある時点で誰かがある種の決断をしなければならないことになっているという。一つ確かな事がある。つまり、ジャクソンの長年のエンジニアにして、さまざまなセッションからの曲全てについて、どれが使えるかを実際に知っている男、ブルース・スウェディーンと話をしているものが誰もいないのだ。

だからプロデューサー、ロドニー・ジャーキンスがいくつかの曲について取り組んでいるところだ、と私は聞いている。このうちの何曲かは、3年前にエディー・カシオとカシオ家で録音したマイケルの曲かもしれない。

一方、ジョン・マクレーン・・・共同執行人で家族の長年の友人・・・はマイケルの兄ジャッキー・ジャクソンとともに曲に取り組んでいると言われている。ジャッキーは最近、家族との窓口としてエステートに雇われた。彼はジャクソン兄弟の中では「最も分別がある」人物で、誰とも上手くやっていると言われている。またエイコンが1~2曲手掛けているとも言われている。

しかしマクレーンには他の問題がある。発掘された曲「This Is It」が同名映画の一部として、またサウンドトラックとしてプロデュースされリリースされたのは、彼の指揮によるものである。しかしこの曲はヒットしなかった。ポール・アンカ・バージョンをライブで聴けば、この歌がどういうものになり得たかどうかわかる。アンカはジャクソン・アーカイブ中にこの他にも未発表曲を所有している。

しかし、発売日まで2か月、時間は刻一刻と迫っている。そして、コンセプトも、タイトルも、ジャケットデザインもマーケティング・プランもないのである。

YOU ROCK MY WORLDよりの転載


9.07 ゲーリー市、ジャクソン・ミュージアムの件で延長された期日も期限切れになる可能性

Gary May Miss Another Deadline In Jackson Museum
(2-9-2010) Gary, Indiana, birthplace of Michael Jackson and all of his famous siblings, might miss its second deadline for turning property over to developers of a museum honoring the King of Pop his family this week.

Corporation Counsel, Susan Severtson, said Jackson Family Foundation President Simon Sahouri has been in town with his team this week and the transfer should happen "very shortly."

"The process is moving forward," Severtson said.

Gary's Board of Public Works and Safety gave its blessing three months ago to a deal in which the city promised to transfer five parcels of Glen Park property to the Jackson Family Foundation. The deal was signed by Sahouri and Jackson's parents, Katherine and Joe Jackson.

They promised to build a $300 million entertainment complex including a Michael Jackson Performing Arts Center on the site however, Michael Jackson's estate has not sanctioned those plans.

The original deadline for close of escrow on the transfer was 30 days after the deal was executed on June 2 but, the city approved a time extension in July allowing for another 60 days.

That new deadline passes this week, and county records show the land still has not changed hands. The parcels in question include Gilroy Stadium and parts of South Gleason Golf Course.

Gary has been waiting for the Jackson Family Foundation to finalize its not-for-profit status before transferring the land. Severtson said Gary might approve another time extension if the transfer doesn't happen ahead of the current deadline.

Source: MJFC / post-trib.com

(要旨)インディアナ州ゲーリー市はマイケル・ジャクソンと兄弟たちの生誕地である。そのゲーリーが今週、キング・オブ・ポップと彼の家族をたたえる博物館の開発者への市の所有物の委譲についての2回目の期日も期限切れとなるかもしれない。

市の法人弁護士スーザン・セバートソンは、ジャクソン・ファミリー基金の代表サイモン・サホウリが今週、彼のチームとともに町に滞在しており、所有権委譲は「速やかに」行われるべきだと述べた。

「計画は前へ進んでいるのです」とセバートソンは言う。

市の労働・安全委員会は一つの取り決めについて3か月前に承認を与えている。その取り決めでは、市はジャクソン・ファミリー基金に対しグレンパークの5区画を譲渡することを約束している。この取り決めはサホウリとジャクソンの両親キャサリン・ジャクソン、ジョー・ジャクソンが署名している。

ファミリー基金はマイケル・ジャクソン・パフォーミング・アーツ・センターなどからなる総工費3億ドルの複合娯楽施設を建設することを約束しているが、マイケル・ジャクソン・エステートはこの計画を承認していない。

譲渡についてのエスクロー(第三者を介した取引)終了の元々の期日は、6月2日に取り決めが実行に移されてから30日後であったのだが、市側は7月に、60日の延長を了承していた。

今週その期日を迎えるが、郡の記録ではその土地の持ち主はいまだ変更されていない。問題になっている区画には、ギルロイ・スタジアムやサウス・グリーソン・ゴルフコースの一部が含まれている。

ゲーリー市は、土地譲渡の前にジャクソン・ファミリー基金が非営利団体化を完了するのを待ち続けている。セバートソンによれば、ゲーリー市は、もし譲渡ができなければ、現在の期日前に再度延長することを承諾する可能性もあるという。


YOU ROCK MY WORLDよりの転載


9.06 ジョー ジャクソン 暴力を正当化
マイケルがギャングになると困るから

The ‘King of Pop’ alleged his father Joe Jackson beat him as a child during an interview with Martin Bashir, broadcast as part of 2003 show Living with Michael Jackson.. 
ソース:musicrooms,net

マイケル ジャクソンは2003年、マーティン バシールとのインタビューで、父のジョー ジャクソンが子供のころに叩いたと主張しました。

さらに彼は、オプラ ウィンフリーのトークショーで、ジョーは「とても厳しく」時にはとても怖くて、気分が悪くなることがあったと言い、彼のしつけについて話し合いました。

ジョーはいつもマイケルを傷つけたことを否定し、マイケルが亡くなって以来、彼をどのように育てたかしばしば討論しています。

jacksonsecretvault.comのインタビューで、ジョーは育児方法について話しました。対話はキャサリンが、ハワード マンと共に制作している映画の中で見ることができると、TMZは報じています。

「私はそうしなきゃいけなかったんだ、彼を育てていた時、当時はギャングがいっぱいいて騒動を起こし、刑務所送りになっていた。」

マイケルが、厳し過ぎたと言うのを聞いてどう思ったか聞かれたジョーは話しています。「彼らのほとんどがもう死んでいる。彼はそんな心配をする必要はなかったんだ。」

育児方法を後悔しているかどうか聞かれ、彼はしていないと主張し、その頃報道された多くのことについて異議を申し立てました。

「No! 彼らは私がマイケルや他の子供を叩いたことを大問題にしようとしていた。わかるだろ? まるで彼らは子供たちが悪いことをしても、叩かなかったとでもいうようにな。メディアはすべてをねじ曲げる。」と彼は話しています。


ねこひげエンタメサロンよりの転載


9.05 ジュリアンズ オークションが反論
アイテムはマイケルの家族が出品したもの

The auction house that is putting Michael Jackson's memorabilia under the hammer in Macau has dismissed accusations that the sale goes against the singer's wishes, a report said Sunday. 
ソース:AFP

マカオで、マイケル ジャクソンのメモラビリアのオークションを開くことになっているオークションハウスが、それはマイケルの意志に反することだとする非難を退けました。

かつて、マイケルが使用していた100以上のアイテム--クリスタルが散りばめられた手袋、ジャクソン5のジャンプスーツ一式を含む--が10月9日、アメリカのジュリアンズ オークションによって、マカオのglitzy gambling havenでオークションにかけられます。

しかし、先日、イギリスのタブロイド、デイリー スターのインタビューで、マイケルの元弁護士、ブライアン オックスマンは、マイケルはオークションをやめさせようとしたことがあり、マカオでのオークションは子供達の財産を売り払うようなものだと話していました。

「これは侵害行為だ。2009年5月、オークションの予定があった。マイケルはそれをやめるよう要求した。彼はオークションにかけられることを望んでなかった。」とオックスマンはタブロイドに話しました。

「彼は激怒しただろう。彼は草葉の陰で嘆いているだろう。これは彼から子供たちに引き継がれるべきものだ。子供達が引き継ぐ遺産が売り払われている。」

これに答え、ジュリアンズ オークションの社長で最高責任者のダレン ジュリアンは、South China Morning Postにオックスマンは、オークションハウスに対し非難を向けて、「ただ売名行為をしているだけ」と話しました。

「マイケル ジャクソンのエステートから渡されたアイテムは一つもない。そのアイテムは生前、マイケルが彼の家族と友人にあげたものだ、」とジュリアンはHong Kong English dailyに語りました。
.
「我々は彼ら(ジャクソン一家)を傷つけることや、彼らに協力的でないことは決してしないし、したこともない。これに反して、ブライアン オックスマンは彼自身のことだけ考えている。」とPostに語りました。

マイケルは昨年、ジュリアンズがネバーランドにあった1300以上のアイテムを販売することをを許可しました。

しかし、オークションは昨年6月、マイケルが亡くなる直前に、ジュリアンズとマイケルの弁護士の間で合意に達した後で取りやめになりました。

オークションハウスはその時に、ネバーランド コレクションがばらばらになるというニュースを聞いたファンが感傷的になったせいで、マイケルはオークションを取りやめたと思っていると話していました。


ねこひげエンタメサロンよりの転載


9.01 マイケルが住んでいたビバリー ヒルズの家
買主はポール マッケンナ

TV magician Paul McKenna is reportedly set to buy the Beverly Hills mansion where Michael Jackson died. .
ソース:NME.COM

テレビで有名なマジシャン(※催眠術師、自己啓発本の著者)のポール・マッケンナがマイケルジャクソンが亡くなったビバリーヒルズの家を買うことになったと報じられています。

マッケンナは週末に100 North Carolwood Driveを90分以上かけて見て回りました。

マイケルは7つのベッドルームと13のバスルームの大邸宅を月7万ポンド(1ポンド=130円)で、借りていました。この家の提示価格は1900万ポンドです。

この家の所有者はファッションブランド、エドハーディのCEO、ヒューバート・グエスで、This Is Itの中ではいてたユニークなパンツ、赤いシャツはエドハーディのもの。


ねこひげエンタメサロンよりの転載


Share |

Michael Jackson Medley by KurtHugoSchneider

Michael Jackson Off The Wall

Michael Jackson Thriller

Michael Jackson Bad







運営者にメールを送る

お問い合わせいただきましたメールには全て目を通しますが、必ずしもお返事するとは限りません。